フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
札幌市北区北14条西3丁目2-19
営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み)
Tel & Fax:011-756-3600
みんたるの1週間(詳しくはカレンダーを見てね
16(日)
17(月)
18(火)
19(水)
20(木)
21(金)
22(土)

みんたるで開催されるイベントです

終了情報です。
蜜蝋フードラップ と ウッドハンガーを作る会 in 札幌
~函館から~ ハウレット農園 × RomioRi  「農」と「衣」のコラボWORKSHOP
12月19日(木)
蜜蝋フードラップ と ウッドハンガーを作る会 in 札幌
みんたる共催
主催者:ハウレット農園 × RomioRi 
問い合わせ先:

★時間:① 13:00〜14:30頃まで
   ②19:00〜20:30頃まで
★参加費:2.500円(1セット(ウッドハンガー、フードラップS〜Mサイズ相当)と、1ドリンク付き)
  *ご希望によりフードラップを2枚など追加可能です。
(ウッドハンガーは50cm程度になりますので、持ち帰るための袋などをご持参ください)
 
 FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/512103466182665/

★予約、お問い合わせは

又は、コメント欄やメッセージからお気軽にどうぞ
~函館から~
ハウレット農園 × RomioRi 
「農」と「衣」のコラボWORKSHOP

『自家採取した蜜蝋とハギレで作る何度も繰り返し使えるフードラップ又はコーヒー豆のエコラップ袋 and ブルーベリーの枝で作るラップを干すためのウッドハンガー作りのワークショップ』を開催します

タイトルが長いので簡潔に言うと
『蜜蝋フードラップ と ウッドハンガーを作る会』です。

ワークショップは、農園のお話、蜜蜂のお話、衣料のアップサイクルのお話などもあります
冬休みの自由研究にもオススメです♬

+++++++++++++++++++
北海道北斗市の自然栽培果樹農家「ハウレット農園」と、函館市のエシカルアーティスト「RomioRi 」によるクリエイターズチームJUSTIN & ROMIIが主催して行います
++++++++++++++++++++

しめっちサポーターミーティング②
-海辺で地域を「育てる」こと-
12月16日(月)
しめっちサポーターミーティング②
主催者:石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク
問い合わせ先:

★日 時:18時30分〜21時
★定 員:25名
★参加費:500円(食事・飲み物付き)
★内 容:海辺の自然回復に関する勉強会/座談会/しめっちフォーラム2020について
★お申込み:12月15日(日)までに、Facebookイベントページで参加ボタンを押すか、 に「氏名・電話番号」を書いて送信してください。
 https://www.facebook.com/events/425770445008480/
‪「海辺で地域を『育てる』こと」というテーマで、海辺の自然回復について北海道大学講師の松島肇さんにお話ししていただきます。‬

‪★松島 肇さん★‬
‪はまひるがおネット副代表・北海道大学講師‬
‪福井県敦賀市生まれ。幼少期を白砂青松の気比の松原で過ごし、小中高を東京湾沿いの千葉市の埋立地で過ごす。‬
‪1992年、北海道大学へ進学し、海岸砂丘系を有する石狩海岸と出会う。‬
‪以来、石狩海岸をフィールドに調査・研究を行い現在に至る。‬

‪勉強会・座談会の後には、2020年3月7日(土)に開催予定の「しめっちフォーラム2020」についてもご案内‬いたします。

‪しめっちネットのサポーターや賛助会員のみなさん(湿地や当ネットワークに興味がある方々)と、今後さらに楽しい活動ができるよう、軽食を食べながらお話ししませんか?‬

‪当初予定しておりましたミズゴケのお話ではありませんが、湿原の水は川や海まで繋がっています。‬
ミズゴケで上流側の湿原を回復させると同時に、下流側の海辺の自然回復も行うことで、流域全体の自然環境が豊かになるのではないでしょうか。

ご興味のある方はぜひご参加ください!
ご友人などもぜひお誘いください。
12月16日(月):ミキ仕込みの会
ミキ仕込みの会
12月16日(月)
ミキ仕込みの会
主催者:田原美奈
◆とき:12時30分〜14時30分
◆参加費2000えん(1ドリンク、できたミキの持ち帰り付き)
 ※リピート割(田原主催のミキ仕込み、ミキパンの会参加したことある方は1000えん)

◆持ち物:
◉ミキを持ち帰る容器(容量0.5〜1リットル口の広い瓶やドリンクボトル、タッパーなど)
◉エプロン(必要な方)
◉手を拭くタオル

◆お申込み:
●みんたる みかよさんに申し込む→店頭で直接、電話011-756-3600
●FBイベントページの参加ボタンを押すか、主催田原へメッセージする。
 https://www.facebook.com/events/448771249120305/
以上の方法でお申込みください。
 ※参加ボタンを押していただいた方には確認のため主催者よりメッセージいたします。
奄美の伝統的健康発酵食のミキ。
お米とサツマイモだけで常温で簡単につくれます。プクプク発酵するこのミキを仕込みます。

【ミキとは?】
「ミキ」は、奄美の伝統発酵食。お米とサツマイモだけで温度管理もなく手軽につくれます。1ccに1億個以上の乳酸菌が含まれていると言われています。

お神酒(おみき)と同じように儀式などでつくられていたものですが、現在はスーパーなどでも売られています。一般的に飲まれているものは、砂糖が入っているものですが、今回使うミキは田町まさよさんの砂糖を使っていないレシピのミキです。

体調不良の時におかゆのように食べて心身を整えたり、パンの発酵に使ったり、お料理の調味料としても活躍します。

田町さんのミキについては、詳しくは下記の記事をご参照ください↓
【腸内環境改善】奄美の長寿飲料「ミキ」の作り方・アレンジレシピ
https://tokusengai.com/_ct/17236475

【田原美奈の紹介】
卵や牛乳を使わないビーガンおやつや料理の愛好家で、ケーキやクッキー、パンなどビーガンレシピで作っています。単に身体にやさしい、というだけでなく食材のいのちと向き合って、丁寧につくっていてすごく優しいくほっこりする味。一緒に楽しくつくりながら、料理の秘訣もお伝えします。
ビーガンおやつ・料理愛好家。アイヌ紋様刺繍の針子。紋様の切り紙。物語の語り、旅や冒険のお話会、未婚シンママで子どもを育て上げた体験談(不登校・自由な子育て)など、幅広い活動をしています。
オリンピック、やってる場合? 〜反五輪トーチリレー&トークの集い in 札幌〜
12月14日(土)
オリンピック、やってる場合? 〜反五輪トーチリレー&トークの集い in 札幌〜
主催者:反五輪の会
問い合わせ先:
ホームページ

日時:18:30〜21:00
料金:¥500 (ワンドリンク込み)
呼びかけ:反五輪の会

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/462675531339973/
世界中の様々な都市で、自然を破壊し、人々の暮らしを踏みにじりながら開催されてきたオリンピック・パラリンピック。しかし、各地で多くの人々が力強い反対運動を繰り広げ、「オリンピックいらない」の声は今や世界的な広がりを見せています。

その声を繫いできたものの一つが反オリンピックトーチ。2010年バンクーバー五輪以来、抵抗する人々の手から手へ引き継がれ、昨年、平昌の仲間から東京の私たちの元へやってきました。

東京では五輪招致決定直後から野宿者排除や都営住宅住民の立ち退き、子どもたちへの教育介入など多くの問題が起こってきました。しかし、国策として行われる東京五輪がもたらす災厄は、開催都市東京だけに留まるものではありません。例えば、2011年東日本大震災や原発事故はもちろんのこと、その後も毎年のように続く大規模災害によって、いまなお苦しみ疲弊する人々の現実。これらをなかったことにするかのように、人、金、資材、そして人々の関心を根こそぎ奪うオリンピックを「復興五輪」と呼ぶことに、私たちは怒りを禁じえません。

札幌の街はどうですか。みなさんの暮らしには何が起こっていますか。

今年10月、IOCは突如、東京五輪のマラソン・競歩を札幌で開催することを発表しました。アスリートを東京の猛暑から守るためとの建前で、実際はIOCが自らの保身と延命をはかっただけ。連日、IOC、国、東京都の攻防ばかりが報道され、ついに住民はおろか、地方自治体の意思も一顧だにされぬまま、強権的に決定されてしまいました。北海道は胆振東部地震からまだ1年経ったばかりだというのに、そんなことはとうに忘れてしまったかのような扱いです。
IOCが開催都市を、東京が地方を、国が住民を愚弄する、何層にも折り重なる支配構造を見せつけられたことは、大きな衝撃として私たちの胸に刻まれました。

私たちは、どのようにつながっていけるでしょうか。

トーチとともに出会い、オリンピックへの様々な思いを分かち合いましょう。

★反五輪の会について

反五輪の会は2013年1月より、無党派の人々によって、招致反対のために立ち上げられました。開催都市として決定した後も、貧困者を排除する再開発を強行させ、ナショナリズムや優生思想を蔓延し、また、被災者の声を覆い隠し復興を遅らせる2020東京オリンピックの問題を批判しています。さらに、各開催都市でこのような問題を繰り返していることに歯止めをかけるために、国内外で連携し、オリンピックそのものの中止も目指しています。

ブログ:https://hangorin.tumblr.com/
ツイッター:@hangorinnokai
ウクレレの冬至*クリスマス
12月11日(水)
ウクレレの冬至*クリスマス
みんたる共催
主催者:Amelie Ecology
★タイムスケジュール

18:00 開場
18:30 開演
19:00 一緒に曲を作るワークショップ
20:00 ご飯タイム
      適当にウクレレを弾く!

★参加費~1000円(クリスマスのプレート付)
一緒にウクレレで、クリスマスの曲を弾いて歌いましょう♬
また、一緒に簡単にオリジナルの冬至の曲を作りましょう。

ウクレレを持ってる人は、ぜひ、お持ちください~♬
 (ウクレレなくても、他の楽器でも大丈夫です)
運を味方につけ、夢を叶える!千年ノートワークショップ
12月5日(木)
運を味方につけ、夢を叶える!千年ノートワークショップ
みんたる共催
主催者:未来デザインスクール主宰 未来デザインコーディネーター 金山ゆうこ
【時間】10時半~12時半
【参加費】初参加 2000円→1500円
    2回目以降の方 1000円→500円
 ワークショップつき。
プラス 飲み物代500円
★駐車場が少ないため、停めれない可能性があります。
今回のワークショップ代、今年最後でもあるので、みんたる特別価格でご提供します。

【申し込み】
https://ws.formzu.net/fgen/S1661138/
※希望日という欄に、日にちを書いてください。

【定員】6名

【コーディネーター】
未来デザインスクール主宰
未来デザインコーディネーター
金山ゆうこ

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/2333768306732100/
https://www.facebook.com/events/2333768306732100/
夢がどんどん叶う!千年ノートワークショップ

自分の大好きもの、楽しい出来事や、旅行の思い出、将来やってみたいこと、未来の自分の姿…などを、ぎゅうっと凝縮した千年ノート作りのワークショップを開催します

千年ノートとは、
「宇宙の法則」「自然の法則」「風水の法則」をもとづいて作られています。
ノートがパワースポットになります。

すごくシンプルで、
写真や思いを書いて貼るだけで、脳が騙され、潜在意識に響き、自分のやる気にスイッチが入り、
未来の自分を思いのままデザインしていくことができます。
いつの間にか夢が叶っちゃってます。

千年ノートで、どんどん運を引き寄せ、幸運体質になり、夢を実現しませんか?

【持ち物】
●ノート※1
●ハサミ
●のり
●ぺン、カラーペンや色鉛筆など
●貼りたい写真※2、カラーコピー、パンフレット

※1 ノートは、なんでもいーのですが、
おススメは、
モレスキンのソフトカバー、ラージサイズです。
黄金比率で作られたモレスキンのノート、無地を使うと、より一層、夢が叶いやすくなります。
https://item.rakuten.co.jp/shop-aer/classic_large_soft_plain/

※2  貼りたい写真
風水をもとに作ります。
ご自分のお好きな写真のほかに、
以下のアイテムで、お気に入りの写真などがあればコピーしていただけるといいと思います。

丸いアイテム・赤いアイテム・龍・蓮・鳳凰・噴水・北斗七星・ご馳走・みずみずしい果物・理想のダイニン・緑の大地・理想の寝室・お好きな神社の御朱印(台紙なし)パンフレットなど。

☆写真が用意できなくてもワークショップを行いますので間に合わなくても大丈夫です。
フラワーアート展・販売とワークショップ
11月29日(金)
フラワーアート展・販売とワークショップ
主催者:前野 季雄(ときお)
★時間:12~18時

★メニュー
①フラワーアート作品(玄関先やテーブルに飾れるようなサイズ)一律900円
②フラワーアート制作ワークショップ 1500円 (1ドリンクと材料費込)


問い合わせ先:https://www.facebook.com/Tokio.Maeno(Facebook)

https://www.instagram.com/tokio_maeno(Instagram)
造花によるフラワーアート作品の展示販売及びワークショップを行います。お花を通して誰かの生活に寄り添い、日常の中にホッとするひとときや癒しを感じて欲しいいう想いの元に活動をしています。数ある作品の中からお気に入りのものを見つけていただけたら幸いです。

ワークショップでは色の使い方や表現の仕方を丁寧かつ楽しくレクチャーします。自分の心の中にある大切な想いをお花で表現してみませんか?一緒に楽しい時間を過ごしましょう!
「キューバ、花火のあがった3年間2015~2018、そしてこの20年。」お話:板垣真理子さん
11月28日(木)
「キューバ、花火のあがった3年間2015~2018、そしてこの20年。」お話:板垣真理子さん
みんたる共催
主催者:
★時間:18時半~
★料金:1500円 1drink付

※20:30頃から板垣さんを囲んで交流会します。
 (交流会参加費:2000円・食事&1drink)

※会場では板垣さんの最新写真集『キューバ・アモール』を販売!
 (3,300円のところ3,000円で買えます!)

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1390747844433971/
写真家であり、文筆家でもある板垣真理子さんは、20年前からキューバに通い、2015年から3年半、キューバで暮らしました。その間キューバでは、オバマ氏のハバナ訪問、ローリング・ストーンズのコンサート、フィデル・カストロ氏の逝去など様々なことがありました。

板垣さんが撮影した写真をご紹介いただきながら、キューバで起こった出来事や、人々の日常についてお聞きします。

+++++++++++++++++++++++
板垣真理子さん プロフィール (写真家、文筆家)
+++++++++++++++++++++++
1982年、ジャズの音楽家を撮影する事で写真の道に入る。マイルス・デイビス、キース・ジャレット、パット・メセニーなどを撮影。そのカレンダーも手掛ける。1984年、ナイジェリアの音楽に触れた事でアフリカに赴く。西、東、北、南アフリカ。続いて、アフリカの神様が大西洋を超えて根付いた地を巡り始める。ブラジル、キューバなど。最新の写真集Cuba Amor は著者にとって18冊めの本。キューバとしては、4冊めとなり、好評を博している。
キューバには20年前から通い、2015年から3年半住み、オバマ氏訪ハバナ、ローリング・ストーンズのコンサート、フィデル氏逝去など、現場からの生々しいリポートを、朝日新聞のウエブ論座や、毎日新聞でも連載した。2014年大同生命地域文化研究特別賞受賞。現在、世界の壁に自らの写真を飾るプロジェクトも進行中。
TALK LIVE @みんたる・「働き方」
11月22日(金)
TALK LIVE @みんたる・「働き方」
主催者:日本共産党北海道委員会
【日時】18:30-20:15
【参加費】500円(ワンドリンクつき)
  ※別途負担で食事のオーダーもできます

FBイベントページ
テーマは「働き方」、若い世代の発言をもとに、参加者それぞれの立場で政治と給料の関係に深く切り込みます。
ドリンク片手に気軽に語れる双方向型・政治トークイベントに、どうぞご参加ください~☆

TTM~大人のなり方と子どものなり方(お話:絵本作家「太陽と牛」さん)
11月19日(火)
TTM~大人のなり方と子どものなり方(お話:絵本作家「太陽と牛」さん)
みんたる共催
主催者:TT(トランジション・タウン)札幌
日時:11月19日(火)19時~21時

参加費(1ドリンク付き): 大人1000円/高校生以下500円

参加方法:予約不要です。直接会場へお越しください。
(大まかな人数把握のため、参加予定ボタンを押していただけると助かります)

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/537313000170152/
今回お話をしていただくのは、札幌で活躍する絵本作家「太陽と牛」さん。
もともと飲食店に勤務していた「太陽と牛」さんは、好きなことを仕事にすべく、絵本画家への転身を目指して仕事を辞めます。しかし、そこで待っていたのは自信のなさで苦悩する5年間の描けない日々。そんな彼を救ったのはボランティアで会った幼い子どもたちだったと言います。絵本を描く真の理由を見つけた「太陽と牛」さんは、今年の7月、念願の1作目の絵本を完成させ、同時に個展を開くことができました。

好きなことを仕事にするということの大変さと面白さとは、どのようなものなのか。夢を持って生きていきたい若い人たちに、ぜひとも聞いてもらいたいお話です。

今月も、みんたるで熱い夜を過ごしましょう!

○お話の内容
・大好きだった絵を仕事にするため、脱サラして絵本画家の道へ
・自信がなくて絵が描けずに悩んだ5年間
・ぼくを救ってくれた「ハンデを持つ子どもたち」
・子ども目線という新鮮な視点
・ぼくの「子どもの頃の記憶」が作り上げた1作目の絵本『じゃじゃじゃん』とは?
・『じゃじゃじゃん』を見た子どもたちの意外すぎる反応
・子どもたちのキラキラした目が、ボクを本気にさせた
・絵本画家として表現したい「大人になる方法」とは?


☆話し手:絵本画家 太陽と牛(たいようとうし)
札幌市で活動中 北海道釧路市出身 
調理師・飲食店のマネージャーとして働いていたが、自分の「好きな事」に挑戦したいと思い会社を辞め、子ども発達支援のデイサービスで2年ほどボランティアを行い、デイサービスを始め、図書館・小学校などに絵本の寄付活動を行い、2019年7月より完全独学で絵本画家としてスタートした。

現在は、絵本「じゃじゃじゃん」シリーズを制作し、1作目の「じゃじゃじゃん〜好きを自信満々に発表できる魔法の言葉〜」を始め
3作品完成している。今年7月には「絵本じゃじゃじゃん原画展」を札幌教育文化会館で100人を動員し子ども参加型の個展を成功させた。
現在は、「じゃじゃじゃん」シリーズ17作のうちの3作を制作し、テーマパーク型「遊べる個展」を目標に作品制作を行なっている。

☆トランジション・タウンとは…
 石油大量消費型社会から脱石油型社会へ、街ぐるみでトランジットする(乗り換える)ことを基軸とする世界的なムーブメントである「トランジション・タウン活動」。この活動に共鳴したメンバーにより、2015年8月に「みんたる」で、トランジション・タウン札幌が誕生しました。
「やりたい人が、やりたいことを、やりたいだけやる」を合言葉に月一で雑談ミーティングを重ね、ゆる~くつながりながら、イベントをちょこちょこ開催中。
フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」 札幌市北区北14条西3丁目2-19 営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み) Tel & Fax:011-756-3600