フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
札幌市北区北14条西3丁目2-19
営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み)
Tel & Fax:011-756-3600
みんたるの1週間(詳しくはカレンダーを見てね
9(月)
10(火)
11(水)
12(木)
13(金)
14(土)
15(日)

みんたるで開催されるイベントです

20191214日():オリンピック、やってる場合? 〜反五輪トーチリレー&トークの集い in 札幌〜
オリンピック、やってる場合? 〜反五輪トーチリレー&トークの集い in 札幌〜
20191214日()
オリンピック、やってる場合? 〜反五輪トーチリレー&トークの集い in 札幌〜
主催者:反五輪の会
問い合わせ先:
ホームページ

日時:18:30〜21:00
料金:¥500 (ワンドリンク込み)
呼びかけ:反五輪の会

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/462675531339973/
世界中の様々な都市で、自然を破壊し、人々の暮らしを踏みにじりながら開催されてきたオリンピック・パラリンピック。しかし、各地で多くの人々が力強い反対運動を繰り広げ、「オリンピックいらない」の声は今や世界的な広がりを見せています。

その声を繫いできたものの一つが反オリンピックトーチ。2010年バンクーバー五輪以来、抵抗する人々の手から手へ引き継がれ、昨年、平昌の仲間から東京の私たちの元へやってきました。

東京では五輪招致決定直後から野宿者排除や都営住宅住民の立ち退き、子どもたちへの教育介入など多くの問題が起こってきました。しかし、国策として行われる東京五輪がもたらす災厄は、開催都市東京だけに留まるものではありません。例えば、2011年東日本大震災や原発事故はもちろんのこと、その後も毎年のように続く大規模災害によって、いまなお苦しみ疲弊する人々の現実。これらをなかったことにするかのように、人、金、資材、そして人々の関心を根こそぎ奪うオリンピックを「復興五輪」と呼ぶことに、私たちは怒りを禁じえません。

札幌の街はどうですか。みなさんの暮らしには何が起こっていますか。

今年10月、IOCは突如、東京五輪のマラソン・競歩を札幌で開催することを発表しました。アスリートを東京の猛暑から守るためとの建前で、実際はIOCが自らの保身と延命をはかっただけ。連日、IOC、国、東京都の攻防ばかりが報道され、ついに住民はおろか、地方自治体の意思も一顧だにされぬまま、強権的に決定されてしまいました。北海道は胆振東部地震からまだ1年経ったばかりだというのに、そんなことはとうに忘れてしまったかのような扱いです。
IOCが開催都市を、東京が地方を、国が住民を愚弄する、何層にも折り重なる支配構造を見せつけられたことは、大きな衝撃として私たちの胸に刻まれました。

私たちは、どのようにつながっていけるでしょうか。

トーチとともに出会い、オリンピックへの様々な思いを分かち合いましょう。

★反五輪の会について

反五輪の会は2013年1月より、無党派の人々によって、招致反対のために立ち上げられました。開催都市として決定した後も、貧困者を排除する再開発を強行させ、ナショナリズムや優生思想を蔓延し、また、被災者の声を覆い隠し復興を遅らせる2020東京オリンピックの問題を批判しています。さらに、各開催都市でこのような問題を繰り返していることに歯止めをかけるために、国内外で連携し、オリンピックそのものの中止も目指しています。

ブログ:https://hangorin.tumblr.com/
ツイッター:@hangorinnokai
フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」 札幌市北区北14条西3丁目2-19 営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み) Tel & Fax:011-756-3600