フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
札幌市北区北14条西3丁目2-19
営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み)
Tel & Fax:011-756-3600
みんたるの1週間(詳しくはカレンダーを見てね
14(木)
15(金)
16(土)
17(日)
18(月)
19(火)
20(水)

みんたるで開催されるイベントです

2019926日():ボブ・サム『ともしびの巡礼』映画上映会 in 札幌みんたる
ボブ・サム『ともしびの巡礼』映画上映会 in 札幌みんたる
2019926日()
ボブ・サム『ともしびの巡礼』映画上映会 in 札幌みんたる
みんたる共催
主催者:田原みな
●時 間:19時〜21時
●参加費:2500えん(1ドリンク込)
●申 込:主催の田原みなへ申込メッセージください。みんたるでも受付けます。

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/446508222620518/
アラスカ先住民クリンギット族に伝わる物語を、日本での巡礼の旅でボブ氏が語り祈る映画の上映会です。
上映後に、田原みながボブ氏から語ることを託された物語を語ります。

■映画『ともしびの巡礼~ワタリガラスの神話と祈りの音』
【出演】ボブ・サム、奈良裕之
【撮影・編集】青樹洋文
【時間】68分
【主な内容】
・2011年夏、東京から始まり北海道各地で行われた「ともしびの巡礼」を撮影、自然映像とともに企画編集。2019年にあらたに撮影した映像を追加し再編集しました。
・オンネトーに奉げる祈り
・How wind found a home
・ミチオの思い出とともに
・ワタリガラスの神話
 How spirits came to all things
・阿寒アイヌコタンの皆さんとの交流 ほか

  ■出演者プロフィール
★ボブ・サム / BOB SAM
アラスカ先住民クリンギット族長老。 墓守、ストーリーテラー。
30代前半に、住宅開発のために掘り返された祖先の墓地を目の当たりにし、開発計画を中止させ、散乱した遺体や遺骨の再埋葬、墓地の復興を一人で始める。それ以来25年以上にわたり、祖先の墓地・聖地の保護と修復の活動を続け、10万基以上の墓を修復、再埋葬した遺体は500体以上になる。また、各地に持ち去られた祖先の遺品、遺体や遺骨を家族のもとに戻す返還運動(リペイトリエーション)においても中心的役割を担う。これらの活動から、長老たちに神話の語り手として選ばれ、20年以上にわたり世界各地でストーリーテリングを行う。
ドッグ・サーモンの氏族、およびアラスカ南東部のジュノー周辺地域(オーク地域)のリーダーでもある。アラスカの自然写真家 故・星野道夫氏と親交が深く、その出逢いは『森と氷河と鯨』(星野道夫著/世界文化社)などにも描かれている。97年には映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第三番』に出演、以来日本各地で神話を語り続けている。
著書:『かぜがおうちをみつけるまで』(谷川俊太郎訳/スイッチ・パブリッシング)

★奈良 裕之 / YUJI NARA
94年より世界の民族楽器による即興演奏を始める。ライフワークとして、多くの福祉施設・教育施設・病院などで演奏し、人々と深く交流している。舞踏・詩・絵画・写真などとのコラボレーションや、アイヌ詩曲舞踊団「モシリ」との共演にて、日本列島スピリットツアーや、インドネシアで演奏。海外では、アメリカ・韓国・タイ・オーストラリアなどで、公演をしている。
ドキュメンタリー映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第六番』虚空の音の章に出演。一般公演の他、日本各地や海外においても、神社、寺院、遺跡、教会、聖地などで奉納演奏を数多く行う。
人の奥深くに眠る本質に伝え響く音楽として、ワークショップ(サイレント・セッション)、瞑想やヒーリングとのコラボレーションも行う。また音楽活動の他、写真や書の個展も開いている。
2018年奈良裕之ドキュメンタリー映画『天鹿乃路~ししかみのみち』が完成。日本各地での上映が続いている。

 ■ 語る人~田原 みな
ビーガンおやつ・料理愛好家。アイヌ紋様刺繍の針子。紋様の切り紙など、多才。アラスカの先住民を訪ね、ほぼ無一文で渡米。クリンギット族のボブサム氏のそばで暮らしながら、アラスカの墓磨きや掃除を体験。その経験をお話し会で語っています。
フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」 札幌市北区北14条西3丁目2-19 営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み) Tel & Fax:011-756-3600