フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
札幌市北区北14条西3丁目2-19
営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み)
Tel & Fax:011-756-3600
みんたるの1週間(詳しくはカレンダーを見てね
20(金)
21(土)
22(日)
23(月)
24(火)
25(水)
26(木)

みんたるで開催されるイベントです

2019928日():モロッコ料理を作って食べて、お話を聞こう♫ ~かんたんで おいしくて ヘルシー~
モロッコ料理を作って食べて、お話を聞こう♫ ~かんたんで おいしくて ヘルシー~
2019928日()
モロッコ料理を作って食べて、お話を聞こう♫ ~かんたんで おいしくて ヘルシー~
みんたる主催
★時間:①11時~14時
   ②18時~21時

【レッスン内容:約3時間】
調理(1時間30分ほど)

モロッコ料理をたべながらご歓談(1時間ほど)

後片付け(30分ほど)

★参加費:4,000円(みんたるの1ドリンク付き)

★持ち物
・筆記用具(レシピをお渡しするので、メモ用に)
・エプロン(お洋服を汚したくない方)
・お手ふきやハンカチ
・(持ってこれる方)包丁・まな板

★メニュー概要
①『モロッコ風パン』⇒こねて、発酵させて、形成から焼き上げまでトータル約1時間で完成!
②メイン料理1品:『タジン料理』「さつまいもとチキンのタジン」彩り・味わい・香り…すべてが食欲の秋に◎
③サブ料理1品:『おかず系料理』イスラム教徒のモロッコ人がラマダン(断食)に飲む「ハリラスープ」。
④デザート1品:『シガー』カスタードクリームにレーズンを入れて揚げるシガレット型の熱々おやつ♪
⑤『ミントティー』熱々でほんのり甘いモロッコ定番のお茶です。
⑥みんたるのワンドリンク

※当日の天候/仕入れ状況により、急遽メニューを変更する場合もございます。何卒ご了承くださいませ。
タジン鍋以外にも…
モロッコ料理の世界は、シンプルイズベスト。

辛くないスパイス、お肉もお魚も、そしてお野菜もたっぷり!!!
薬膳料理のようでいて…日本人の口にもやさしい、どこかなつかしい味わい。
老若男女に喜ばれるほっこりしたものから
アフリカの大知を噛み締めるような、素朴かつ味わい深いものまで
毎日の食卓にも、おもてなしにも、どちらにも使えて
食べたみんなが笑顔になれるはず☆

そして…
スーパーで買える身近な食材や、自宅の調理道具があればOK♪
何気負わず作れて、何度も食べたくなるメニューをご紹介します。

きっと…
あなたと周りの世界が笑顔で輝きますよ^^

魅惑のモロッコ料理の扉を、いっしょにワクワク開いてみませんか?

【モロッコとは?】
モロッコは、スペインを望む地中海に面した北アフリカにあります。
そのためか?オリーブオイル、ニンニク、トマト、オリーブにスパイス、、、
世界一ヘルシーとも謳われる地中海料理の食文化が色濃いようです。
また、フランス植民地だった歴史も融合?!
金曜日は世界最小のパスタ「クスクス」を食べる日なんだどか。
内陸には砂漠やオアシスが広がり、鉱山業も盛んな国。
寒暖差があり乾燥した気候なので
火も水もミニマムでOKなタジン鍋料理が根付いたのでしょう。
イスラム教徒の方が多く、繊細かつ色彩豊かなモザイクを施した歴史的建造物や装飾品なども魅力的。
近年、日本でも流行しているカゴバッグやバブーシュなども、手先が器用な職人さんによって作られています。

今回のワークショップ内では、みなさまとモロッコ料理を食べながら、今年の冬、私がモロッコを旅した際の写真・動画で、リアルなモロッコの風景もお伝えできれば嬉しく思います。

【ワークショップ講師プロフィール】
生粋の食いしん坊どさん子。
就職のため…
北関東の粉もの文化が根深く、寒暖の差も日本一?
日本のおへそに位置する盆地気候の群馬県へとワープ。

そこでも食いしん坊を果敢なく発揮!
タジン鍋料理やモロッコの雑貨・食器などにに興味を持ち、
都内にてモロッコ料理講師資格を取得。
※シュクランキッチン認定講師 遠藤寛子(群馬県)
詳細URL⇒https://www.shukrankitchen.tokyo/料理教室について/認定講師の紹介/
現在、全国各地でのワークショップをメインに活動。

今後は、自宅にてモロッコ料理教室やカフェ・雑貨販売・イベントも企画予定。

《食+学び=輝くミライ》をスローガンにたのしくおいしく
笑顔あふれる朗らかで豊かな時間をご一緒できますように☆彡
フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」 札幌市北区北14条西3丁目2-19 営業時間:11:45-22:00(日月祝日・休み) Tel & Fax:011-756-3600